あしたへオーバータイム (5)

2人を乗せた車は香苗の自宅に到着した。
「す、少し早く着きましたね」
隼は車から降りた。
「あら・・・・そうね」
どうやら『少し』アクセルを踏みすぎたらしい・・・・・。
香苗は腕時計に目をやった後、とぼけた表情を見せた。
ちょうどそこへ1台の車が近づいてきた。
「パパだわ~」
そう言い香苗は車に近づくと、車のウインドウが開いた。

「おお、香苗か」
そう言うと、伍代毅彦車から降りてきた。
「隼、すまない呼び出してしまって・・・・」
毅彦がそう言うと、隼は『いいえ、こちらこそすみません』と返事を返した。
「香苗が強引でね~、おや、香苗今日は髪・・・」
そう言いかけると
「パパ遅~い!まあ良いわ、ここではなんですから家に入ってお話しましょう」
香苗はそう話を切り出した。
「いや~遅れてすまなかった」
腕時計に目をやった毅彦は首をかしげた。
驚いた隼は
「えっ、まだ待ち合わせの時間じゃ」
と言いかけたが、急に何かを思い出したらしく『あっ』と叫んだ。
「どうしたの隼さん?」
香苗は不思議そうに隼に声をかけた。
「いや、『待ち合わせ』してたんです、みづほさん達と・・・・」
隼はそう答えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック