スペクタルサッカー

日本のワールドカップ初戦、オーストラリアとの1戦は
残念ながら1-3で敗れました。
日本でTV観戦していた人も、応援に行った人も
正直『がっかり』か『頭に来た』って思った人が多いハズです。
私も試合終了後悲しくなってしまいました・・・・・。
どうしてアンナ試合展開になってしまったんでしょうか?
・・・・・・
どうしても納得いかないんです!
だっておかしいじゃないですか?4年間監督を任したジーコが
集大成で見せた試合は『超守備的』
・・・・・・
おかしい
4年間ジーコが言ってきたことは攻撃的に戦うサッカーだったはずです。
前線からのチェック、中盤のプレス、奪ってからの素早い攻撃がテーマにしてきました
なのに、オーストラリア戦はディフェンスラインを後ろまで下げ
センターリングを上げさせてしまい、競り合いのこぼれをカウンターで攻撃する。
今まで観た事も無い試合展開に観ていておかしいと思いました。
TV解説の岡ちゃん、とオリンピック元監督の山本さんが前半終了時に
浮かない顔をしていたのを今でも覚えてます。
どこかおかしいと思ったからだと感じたんではないでしょうか?

しかし、終わってしまった試合をいまさらどうこういっていても仕方がありません!
次のクロアチア、そしてブラジル・・・・。
ここで日本はどう戦うべきか?
私は3-5-2は棄てて原点でもある4-4-2に戻すべきだと思います。
そしてキーポイントは、両サイドの運動量とスピード
DFラインに三都主と駒野(加地)を下げる事により、純粋なMFを1枚増やす
中盤から積極的にプレスでボールを奪って両サイドバックを攻撃に使う。
日本本来の形により、攻撃的サッカーを再確認し実行する
『観客はスペクタルなサッカーを期待している~』(byアナウンサー)

ちなみに柳沢には
『シュートを打たないストライカーなんて、歌を忘れたカナリアよりたちが悪いぜ!』(蘭堂)
あしたへフリーキックの名台詞をプレゼントします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック