ゴールキーパー災難続き

ワールドカップも二日目~
予選リーグ、グループBの2試合とCの1試合が行われました~
グループBは3強1弱のグループ構成で
イングランド、パラグアイ・スウェーデンが3強、1弱はトリニダード・トバゴ
・・・・・ところでトリニダード・トバゴって何処にあるの?
同じカリブ海の島国でも、コスタリカはカリブの海賊軍団の様相
でもなんかジャマイカとかと同じ感じか?

さて、イングランド対パラグアイ戦!
開始早々ベッカムのフリーキックがDF(ガマーラ)に当たってオウンゴール
・・・・・オウンゴール?なのかアレって??
確かにコースは変わったけど触んなくても入った気がします。
そのあと、パラグアイのゴールキーパーが前半8分に負傷退場!
その後前半中盤まではイングランドの圧倒的な攻撃力にパラグアイたじたじ・・・
これはさすが優勝候補の力かと感心していたら、後半に入ったらスタミナ切れ
・・・・飛ばしてたんだ~って後から気付きました。
その後は審判が試合を壊した為、グダグダの試合展開で面白くなかった。
もうこの審判団はこの大会登場しない事を願います。

さて、B組のもう一試合のトリニダード・トバゴ対スウェーデン
こちらは、見ごたえある試合!
試合前の予想はスウェーデン圧倒的有利な予想で
私もスウェーデンが好き!
私の予想もスウェーデン勝つと思っていたのですが・・・・
試合はスウェーデンがボールを圧倒的キープ
いつ入っても可笑しくない展開でしたがトリニダード・トバゴの粘り強い守備が光り
なかなかゴールを割れないうちに前半終了
後半に入り後半1分にトリニダード・ドバゴの選手がイエローカード2枚目をもらい
退場
これで人数的に11対10でスウェーデン有利!
しかしここからトリニダード・ドバゴの監督の采配が光りました。
常識的にはここで1枚フォワードを削って守備的な選手を投入!
ひいて守り通すというのが一般的です。
しかし!何故かフォワードを投入!!
・・・・・・最初私も意図がわからなかったんですが
前線に1枚にしてしまうと相手ディフェンダーは1枚要らなくなります
しかし、前線に2枚置いたままだと上がれません。
・・・・・・いぶし銀の采配です。
結局スウェーデンはその後圧倒的なボールキープをしながら
1点も奪えず引き分け
監督の采配に妙あり!

さて、B組はGK(ゴールキーパー)災難続きです。
パラグアイのGKは8分に負傷退場
トリニダード・ドバゴのGKは試合前の練習で負傷欠場
スウェーデンのGKは前日練習で正GKが負傷で欠場という・・・・。
呪われてるB組

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック