これが力の差

ブラジル相手に1-4で負けました。
痛感したのは力の差
いままで今大会のワールドカップを観ていて思ったのは
日本の選手のパスミス、トラップミス、ピッチに足をとられる・・・・など
明らかに多いです。
技術のなさを露呈した結果でしたね。

確かにボールを扱う技術は高さがあることを証明できますが
曲芸に近い事しか出来ない事を改めて痛感させられました。
本当はジーコの目指したサッカーはブラジル・・・・・
バックラインから前線までボール裁きが巧みで
相手にボールを奪われない、渡さないゲーム展開を目指していたはずです。
しかし、実際には中盤しか日本の生命線ありません。
今日の試合も結局中盤の足が止まった後半は相手にボールを回されました。
結果として4失点。
・・・・・・うーん目指していたサッカー物を目の前でやられては仕方がない
というか、どうしようない。
ゲーム運びの巧さ?それともボールを奪われない技術の高さ?
そこが分ったら将来勝てるようになるかも!
・・・・・・逆にそこが難しいのです。

さて、日本の今回のワールドカップは終わってしまいましたが
将来に向かって何が必要なのか、サッカー協会は考えなくてはいけないです。
監督の人選でその進むべき方向が決まります。
あと、国内リーグ(Jリーグ)のレベルアップも必要です。
Jリーグの当初に比べれば明らかにレベルが上がっています。
スピード、テクニック、フィジカルなど・・・・。
しかし世界のトップリーグと何処が足りない。
今日見せ付けられたように何かが足りません。
私たちは海外のサッカーばかりに目を奪われることではなく
しっかりJリーグを見守っていく必要があると思います。
これがただのミーハーではなく本物のサッカーファンになるために・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック